水辺に吹く風

ホシのつぶやき

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | | トラックバック(-) | コメント(-) |
2009-02-20-Fri
あの夏のような異様な気候の週末2日間、大きな大会のスタッフとして体育館に籠ったのだが、
その疲れが抜け切らないまま(トシね。。。)今度は小さな大会に出場した。

試合結果は・・・わはは~ いいところナシ!
でも先生には、今までみたいにバタバタしていなくて間合いも近くならなかったしあれでいい
と言ってもらえたので(たぶんホメてもらえた)次に繋がる試合になったかな。

090220_50513.jpg


今朝は雨だったが、大会が終わる頃には体育館の中にも陽が差してきた。
夕暮れ時の水辺は、水面に霧が出ていたようで、ふんわり霞んだ優しい景色だった。

運動音痴で動体視力皆無だった私が、休み休みながらここまで稽古を続けてきた。
人間、その気になればなんとかなるものである。

動体視力が少しは鍛えられたのはステラのお陰だ。
子犬の頃、バンビかカンガルーかという身のこなしで跳ぶわ走るわ、どこに行くか予測不能、
それを目で追おうとして必死に集中して動体視力が培われたと勝手に思っている。

090220_50508.jpg


ムスメは幼稚園から小学校卒業まで新体操を習っていた。
体が柔らかくないし、しぐさのひとつひとつがイマイチ決まらず、
上手とは言いづらいレベルの我がムスメ。やはり我が子。

小学3年か4年のとき、同じ時間にレッスンしていた同学年の子達と大会に出ることになった。
スポーツクラブ主催の小さな大会の個人戦。

初めての大会で、大勢が見ている中、たった一人で演技をするのは緊張との戦いだったろう。
頑張ってやり遂げたけれど、結果は最下位。

ムスメの得点は9.99点で、ひとつ上の順位の子の得点は10.01点、たしかそのぐらいの点数だった。
たった0.02点、けれど9点台と10点台ではその差がもっとずっと大きく見える。
自分ひとりだけ10点に届かなかった、まだ10歳になるかならないかのムスメには辛い点数だった。

得点表が貼り出されてからのムスメの表情は硬く、
もう新体操をやめると言い出すだろうと思っていた。
もともと、友だちがピンクのレオタードを着て長いリボンをくるくるひらひら華麗に操るのを見て
自分もやってみたいとムスメが言うので始めたことだ。
やめたいならば、やめればいい。
帰り道、気晴らしになればとアイスを買って食べた。

ところが帰宅後にムスメのとった行動は全く予想外だった。
泣き伏すとか、ベソかきながら「やめる」というとか、そういうことは一切なく、
おもむろに机に向かって原稿用紙になにやら書き始めた。

今日の大会で自分は最下位だったこと、
一緒にレッスンしている○○ちゃんは上位入賞してすごいと思ったこと、
自分もがんばって○○ちゃんみたいに上手になりたいこと、
そういうことが書かれていた。
そして、こう締めくくられていた。

  おとうさんおかあさん いつもおうえんしてくれてありがとう

泣けた。
がんばろうって思うのなら、好きなだけがんばるがいいよ。
いつも、いつまででも、応援するよ。

このときに、コイツ凄いなと思った。本気で尊敬した。

そうはいっても、その後もムスメに対して根性たたき直してやると思うことは日常茶飯事だが(^^;

それでも、自分が稽古で凹むたびにこの時のことを思い出す。
もうちょっと頑張ってみよう、そんなふうに思えるのだ。



ほんとに素敵なお嬢さんですね^^
それを育んだホシカゲさんも良いお母さんなのだろうということが、
ひしひしと胸に伝わってきます。

私は・・・上の息子も、下の娘も、上手く育てられた自信がないなぁ・・
三番目の愛犬だけは、本当に良い子に育ったんだけど。

2009.02.21 01:17 URL | rosa #MwdnE4lg [ 編集 ]



本当にステキな娘さん。
チャリンコ姿に沿道のファンができるのわかりますね。
そして、ホシカゲさんの子育て、一生懸命な気がする。

何もかも、子どもと一緒でなければ気がすまない
そんなおろかな親が多い昨今。一歩離れてその成長を見守っている。

子どもを育て、育てられてる
親業もいいものですよね。

2009.02.21 20:20 URL | ビリーママ #- [ 編集 ]



うう~~~む・・・深いぃ~のレバーがあれば文句なし押している。
先日の頑張る初バイトでお二人にプレゼントをした。という記事でも
余りにうらやましくて、コメント出来ませんでしたわ・・・
でも、子は親の鏡と言うものね。我が子を育てたのは他ならぬ自分。はぁ・・・
ほんとうに、心の優しいそして一本しんの通ったいい娘さんだなぁ。
さすがホシカゲさんなのだ・・・あ!だんな様ももちろん!(肩は完治しましたか?)

2009.02.21 20:45 URL | のぐっち #mQop/nM. [ 編集 ]



凄いな…
ムスメさんのその言葉にワタシも泣けました。
ブログには運営する人の人間性が滲み出るもの。
ホシカゲさんのいつも真摯な姿勢が
お嬢さんにしかと伝わっているのですね。
ええっと…ちょっと穴でも掘ってみたいかも。
清清しい気持ちにさせてくれてありがとうムスメちゃん!

2009.02.21 22:04 URL | ラク太母 #- [ 編集 ]

追伸

ホシカゲさんすみません。
あまりに素敵な記事だったので、思わずリンクを貼らせていただきました。
事後承諾、どうぞお願します。

2009.02.21 23:29 URL | ラク太母 #- [ 編集 ]

☆ コメントくださった皆様へ

おひとりづつではなく、まとめて返信させていただきますことをお許しください。
温かいコメントをありがとうございます。
普段は 根性たたき直してやると思うことが多くて怒ってばかりですが
ときたま このようなことがあって
子どもを育て、育てられてる(ビリーママさんから拝借しました。ぺこり。)醍醐味のようなものを痛感します。
親は、こんなふうに腹を立てて心配して、でもたまにホロリと温かい気持ちにさせられて喜んで、その繰り返しなのでしょうね。

☆ のぐっちさん
夫の肩は日常生活にはあまり差し支えない程度に回復しました。
完治の目処はたちませんが、車の運転はできるようになりましたよ。
ご心配いただきありがとうございます。

☆ ラク太母さま
リンク、どうぞ~♪ 身に余るご紹介をいただき恐縮なくらいです。ありがとうございます。

2009.02.22 22:07 URL | ホシカゲ #wJLqa0No [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stella841.blog110.fc2.com/tb.php/346-1c927ffa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。