水辺に吹く風

ホシのつぶやき

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007-07-15-Sun
小学生の頃、台風が来るたびに学校が休みになることを期待したが、台風はいつも夜中に通り過ぎ、学校は休みにならなかった。

そして必ずといっていいほど停電になった。真っ暗な中、大きめの懐中電灯を天井に向けて室内を照らして夕食を食べたりした。台風がらみだったか記憶にないけど、断水もときどきあったな。ヤカンやナベに水を張って備えたような気がする。

 雨の中携帯カメラで撮影。雨粒は写ってないなあ。
0715rain.jpg


親が伊勢湾台風経験者だったせいか、台風への備えは気合が入っていた記憶がある。植木鉢や物干し竿は片付けて、懐中電灯とろうそくとマッチを用意して、当然雨戸は全部閉めて。台風前の慌しさと最接近時のドキドキに気持ちが高揚した。雨戸に何かが激突した音がして、翌朝みてみると鳥の死骸が落ちていたこともあった。

翌朝目覚めると台風一過の晴天で、雲ひとつない青空の下、夜中に去ってしまった台風にちょっと残念な気分を抱えながら登校した。通学路には木の電柱がいくつか倒れていたこともあった。

 ヒヨドリ。まるで保護色。。。分かるかな?
0715hiyodori.jpg
クリックするとアップ画像がでます。これも分かりづらいけど。

実家は、おそらくは丘陵地を切り開いた住宅地の坂の途中にある。親曰く、伊勢湾台風が怖かったから水害の心配がなくて埋立地でもないところを選んだそうだ。
子どもの頃からそんなことを刷り込まれたためか、自分たちが家を購入するときも、埋立地や低地は真っ先に候補から外したなあ。

 昨日の朝。ツバメを追いかけてる。
0714hunt.jpg


義母も伊勢湾台風経験者だ。「ボロ家で寝とったら、朝目が覚めたら屋根も壁もなーんにもないところで布団だけ被って寝とったでいかんわ!」と長久手弁(ほぼ名古屋弁)で話してくれたことがある。・・・いやその、いくらボロ家だからって、屋根や壁がふっとんだらそのときに気がつくと思うんですけど・・・

 かっとび女王が間近を通ったところ。速過ぎて画面におさめられない。
0714run.jpg


以前は台風が来るとなったら植木鉢を取り込んだり物干し竿を下ろして縛り付けたりときちんと備えたんだけど、最近は全然備えてないなあ。台風の中でも犬の散歩に行くし。自然を侮ってるつもりはないけど。
2007.07.15 13:46 | | トラックバック(0) | コメント(0) |














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stella841.blog110.fc2.com/tb.php/24-9d76a3b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。