水辺に吹く風

ホシのつぶやき

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | | トラックバック(-) | コメント(-) |
2008-06-11-Wed
6月10日、霧の早朝。

0610_1120588.jpg


アヤメが綺麗に咲いている。
でも区画によってはまばらにしか咲いていなくて、
細く長く楽しめるのかもしれないけれど、
う~ん、やっぱり一斉にドーンと咲いたほうが迫力があっていいなあ。

ちなみに、
霧(きり)は視程が1km未満、靄(もや)は1km以上10km未満
と気象庁のホームページに記されていた。
この日のは1kmも見えてない気がするから、霧ということにしておこう。


女王陛下とアヤメとショベルカー。
この区画ではアヤメがまばらにしか咲いていないのがよくわかるでしょ。

0610_1120600.jpg


対岸は霞んで全く見えない。
向こう岸はあるのだけど、水平線といってもいいのかな、
この水平線の感じがとても気に入った。
灰色の、音の無い世界。

0610_1120608.jpg


木々も無彩色になったかのようで、
霧による濃淡がなんて綺麗なんだろう。

0610_1120575.jpg


こんなにしみじみ散歩しながら、
帰路後半には弁当作りの段取りを脳内シミュレートしながら歩いているのだ。
帰宅後出勤するまでの慌しさといったら(涙)
ああ、現実って。。。



すごい濃霧でしたね~
晴れの予報だったので早起きしたのに、あまりの濃霧で出るのが遅くなってしまいました。
鳥は諦めて、アヤメのところに着いたのが、7時ちょっと前。
女王陛下主従とは、すれ違いになってしまったのでしょうか~
ショベルカーも見ましたよ(笑)

2008.06.11 23:09 URL | rosa #MwdnE4lg [ 編集 ]



濃霧ってこのあたりの特徴なんでしょうね。
川と沼に挟まれたところだからなのかも。
よくこんな濃霧の夜
なぜか「いちご白書をもう一度」を唄いながら
自転車をかっとばして帰りました。

2008.06.12 12:19 URL | may #vM01/vdM [ 編集 ]

☆ rosaさん

rosaさんもここに来られたのですね。お会いできなくて残念です。
7時ちょっと前には既に帰宅してました~(なにしろ弁当が・・・ ^^;)
ショベルカー、いい味出していたでしょう?(笑)

2008.06.12 21:35 URL | ホシカゲ #- [ 編集 ]

☆ mayさん

十数年前にこちらに越してきて
こっちは霧が多いな~と感じた覚えがあります。
おっしゃるとおり川と沼に囲まれていることが
大きな要因なのでしょうね。

濃霧と結びついた思い出があるのですね。
「いちご白書をもう一度」懐かしいです。
自転車をかっとばした思い出ならば、私の場合は
すっかり日が暮れて暗い中、
Queenの「Don't Stop Me Now」を頭の中で流しながら
広大な墓地脇の坂道をガンガン上ったことですね(笑)

2008.06.12 21:49 URL | ホシカゲ #wJLqa0No [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://stella841.blog110.fc2.com/tb.php/238-cc4904b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。