水辺に吹く風

ホシのつぶやき

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | | トラックバック(-) | コメント(-) |
2010-03-27-Sat
小雨模様だからとカメラを持たずに散歩したときにかぎって、撮りたい鳥が近くに現れたりする。
これはマーフィーの法則かしら。 (ね、rosaさん?)

おきつねステラ


例えば、梅の花が満開のころ、真横を通りがかった梅の木にメジロが来たし、

数日前にはコイカルが桜の蕾をついばんでいるのを近くでじっくりと見た。

どちらもこんなに近くで見たのは初めて。
いつもカメラがあれば絶好のシャッターチャンス。
でも、カメラを持ってきてない。小雨が降ってるもの。




スポンサーサイト
2010-03-17-Wed
ステラは気を遣う犬だと思う。 いやむしろ小心者というべきか。

梅の蕾


バスタオルをおもちゃにして遊んでいたときのこと。
私がバスタオルを振り回して、ステラがそれを咥えようと飛びついてくる遊び。

ぶわんぶわん動くバスタオルをステラが捉えて、私から奪おうと眼の色が変わった頃に
「ステラ、ちょうだい。」と声をかけて口からバスタオルを放すよう促す。

するとステラの動きが止まって、こちらを窺うような眼を向けてから
しぶしぶといった様子で口からバスタオルを放す。 えらいっ
そしてまた私がバスタオルを振り回して・・・の繰り返し。

バスタオルの動きが狩猟本能をくすぐるのだろうか
ステラが興奮してきて、ぐぉ~っと唸るような声を出しながら飛びついたとき、
バスタオルを振り回す私の親指に歯が当たった。

私は声はあげなかったけど、動きを止めて自分の指を見た。
歯がかるく突き刺さったらしく、ごく小さく浅くだが皮が剥けていた。
たいしたことないな、と遊びに戻ろうと思ってステラを見たら・・・

あっというまに座布団の上で丸くなって上目遣いで私を見ていた。 いつのまに・・・

その後は遊びに誘っても乗ってこない。
ステラの表情やしぐさは
「かーさんに歯を当てちゃった。どうしよう。わざとじゃないんです。ごめんなさい。」
と語っているようだった。
別に怒ってないし、叱ってもいないし、大きな声もため息も出してないし。
それでもそんなに引っ込んじゃうの?
かーさんはそんなに怖い?

あれ、もしかして、ステラが小心者というよりも、私が恐ろしいだけ??? むむっ
2010-03-12-Fri
おそらく流れているであろう猟犬の血が刺激されると
ステラのとる行動は二通りあります。

一つは間髪いれずターゲットめがけて突進。
飼い主も瞬発力で対応しないと、転んだり関節痛めたりしかねません。
突進しないようにきちんと躾けるべきなのかもしれませんが
ステラがたとえばキジを追いかける姿を微笑ましくて
この程度の猟犬の本能ならまぁいいかと容認しております。

二つめは動きを止めてターゲットをひたすら凝視。
脚をやや屈めていつでも飛び出せそうな体勢です。
また、片方の前足がすこし上げていることがよくあります。
猟犬の「ポインティング」という行動に似ているかもと思ったりします。

ロックオン


遊歩道を散歩していたとき、突然ステラが憑かれたように沼の岸の葦原に突き進みました。
おそらく飼い主が制しなかったら沼に入っていたでありましょう。すごい勢いでした(汗)
制されて止まったステラの姿が上の写真です。

見事な保護色(笑)

葦に隠れて分かりづらいですが、右前脚を上げています。
後ろ足は見事な筋肉を見せつけてスタンバイしています。いつでも飛び出しOK状態。

2010-03-07-Sun
土日とも雨の週末が二週連続。。。

植え人知らず

これはもしや河津桜?? どなたか教えてください。ぺこり。

この木を含めて数本が遊歩道近くのとある一角に植えられているのですが、
それぞれの木には注意を呼びかける札が付いています。
この木を植えた人はいつまでに撤去しろという内容の札です。
無断で植えられたものなのでしょうか?
まだ細い木を支える支柱?もしっかりと作られているし数本あるので
無断でコッソリという感じはしません。なんだか解せません。

ちなみに、木を撤去しろという期限は昨年5月下旬になってました。
いっそ札を外して気持ちよく花を愛でるというのじゃダメかなあ・・・
やったもん勝ちになっちゃうものね・・・

2010-03-03-Wed
ひなまつりなので
とびきりのかわいこちゃんとお花の写真を♪

花とステラ



最近、カラスの鳴き声が気になる。
というよりも、ある鳴き声だけが気になる。

いわゆる「カーカー」とか
高笑いのような「カッカッカッカッ」ではなくて

ちょっと高めの「アァ~アァ~アァ~」みたいな声が気になるのだ。
こんな感じ↓ (分かるかしら)
カラスが鳴くよ

これが「お~か~さぁん」って聞こえてしかたがない。
わがままを叱られた幼な子が親に哀願するような「お~か~さぁん」。

我が家の近くで毎日のようにこの鳴き声で連呼するカラスがいる。
カラスに「おかぁさぁん」と呼ばれて
「はいよっ」「なんだいっ」と返事をしてしまう私である。

呆れて笑っているオットやムスメから
「カラスに連れて行かれないようにね~」と言われている。

あい、気をつけます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。