水辺に吹く風

ホシのつぶやき

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007-12-12-Wed
12月12日、今日でステラが我が家に来て丸3年だ。

犬猫里親会は市内で定期的に開催されていたので、以前から時々覗いていた。以前は犬を飼える住居ではなかったので有難くもない冷やかし客だったわけだが。

そして3年前の12月、寒い日曜日。
ムスメは部活に出かけ、小雨降る中、里親会会場に寄ってみた。

大きなサークルの中には子犬が2匹だけだった。寒いためか、参加犬猫は少なかった。2匹とも毛並みがキレイで、顔もしぐさも可愛かった。私たちがサークルの前に立つと、2匹ともこっちに走り寄る。うううっ、可愛い。柵を乗り越えんばかりの勢いで身を乗り出し、遊んでくれと全身でアピール合戦。可愛すぎる。

1匹が抱っこされると、もう1匹も抱っこしろと訴える、この繰り返し。立ち耳ワンコがオスで垂れ耳ワンコがメスだと教えてもらった。立ち耳くんは抱っこしてくれた人にひたすら甘える。垂れ耳ちゃんは抱っこしてくれた人に甘えてから隣の人にも甘えてくる。

2匹ともサークルの中に下ろすと、立ち耳くんが再び身を乗り出してきた。すかさず、垂れ耳ちゃんは立ち耳くんを踏み台にしてより高い位置でアピール!立ち耳くんは垂れ耳ちゃんを踏み台にはしなかったなぁ・・・ジェントルマンかも。

お分かりだろうが、きょうだいを踏み台にしてアピールするという、女王様な子犬がステラなのだ。(笑)耳はその後立ってきたのよ。

里親会スタッフたちは、寒くて閑古鳥のところに現れた私たちに「(犬猫)全部連れてっていいよ~!!」と話しかけてくる。犬にも人にも遊ばれてたな、私たち。 

寒い日だったので、子犬たちのサークル脇にはヒーターがついていて、アピール合戦終了後、子犬たちはヒーター前に伏せて暖まってた。その場で里親手続きをした時、ヒーターは子犬たちの方に向いていて、人間は凍えてしまった。寒かったが、まだ幼く弱い子犬を暖めようとするスタッフの人たちの気持ちが温かくて、耐えた。

その日は手続きだけで後日あらためて犬を連れてきてくれるのかと思っていたら、
「この犬、車酔いが酷いから、近いんだったらワクチン注射してから夕方届けたいんだけど。」
と言われてビックリした。

なにしろ、犬が欲しいけどいい犬に会えるかな程度の気持ちでふらっと出かけただけなので、何の準備もない。しかし預かりさん宅は遠いので、たしかにまた往復させるのも気の毒だ。まだ何時間かある、よしっ!・・・ってな訳で承諾して、取り急ぎ食器とフードとペットシーツとボロ毛布を用意した。夕方部活から帰宅したムスメには晴天の霹靂となったが、あっさり受け入れてくれた。

そしてやってきた子犬は、物怖じすることなく室内を歩き回って確認し、たたんで置いてあったボロ毛布に躊躇なく座った。誰も教えていないが、それが自分のための毛布だと察したのだろうか?預かりさんは安心して帰っていき、子犬は預かりさんを後追いすることもなくごく自然にリビングで暮らし始めた。

20041215.jpg

(我が家に来て3日目。これが一番最初の写真。)

里親会のとき、ヒーターをじっと見つめながら暖をとる子犬たちは絵画のようだった。今や、ストーブ前で爆睡する犬がそばにいるが、絵画とはちょっと違うなあ。

全く関係ない話だが、3年前の12月12日は新月だったらしい。



スポンサーサイト
2007.12.12 17:10 | | トラックバック(0) | コメント(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。