水辺に吹く風

ホシのつぶやき

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007-09-07-Fri
接近する台風で夜中は大荒れの天気、雨戸に激しく打ち付ける風雨の音でろくに眠れなかった。んで、いつものように朝の5時ごろ起床して、リビングのソファーでステラを撫でながら台風情報を見ながらボーッとしていた。ステラも不安であまり眠れなかったのだろう、寄り添って安心したように眠り始めた。

いつも散歩する木陰の道に落ちた葉や枝がアスファルトの路面を覆い隠すほどだった。
0907_0802.jpg


道路建設現場は池と化していた。
0907_0812.jpg


夕方の散歩。
きれいな夕陽を拝んで気持ちよく歩いていたところ、切り株を見つけた。
0907_1813.jpg

おそらく台風で折れてしまった木を根本の方でバッサリきったのだろう、切り口が新しい。

暗くなってきた遊歩道で帰路を急いでいたら、前から歩いてきたおじさんに話しかけられた。
「防犯協会のものだけど、もう暗いし危ないから早く帰ってね。」
防犯パトロール中なのかな。それにしても・・・

問題:おじさんが話しかけようと思った理由はどれでしょう?
(1)とりあえず「おなご」だったから。
(2)20代のおねーさんが暗い道を歩いていると思ったから。
(3)小学生が暗くなるまで遊んでちゃイカンと思ったから。

さて、どれだぁ??

17時51分の夕陽。
0907_1751.jpg

スポンサーサイト
2007.09.07 23:43 | | トラックバック(0) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。